ふじみ野市、富士見市、志木市、朝霞市の戸建て、マンションはあらたホームまで

会員登録

ログイン

ゲストさん

あらたホーム

営業時間10:00~19:00

定休日水曜日

メールでお問い合わせ

ブログ

手付金とは? 手付金について詳しく説明します。

ふじみ野市、富士見市、三芳町、新座市、志木市、朝霞市、和光市の新築戸建て、中古戸建て、中古マンションの不動産売買仲介をしていますあらたーホームの新井です。

 

不動産購入を検討されているお客様とお話していると手付金って何ですか?とよく理解されていない方も多いようなので本日は不動産売買における「手付金」について説明していきます。



手付金は売買代金の一部を先払いしていると考えて良い

 

手付金は、不動産売買契約締結時に買主が売主に一旦預けて、売買代金を全額支払う際に、売主から返還してもらうものです。ただし、返還手続きをするのは面倒なので、契約書には「手付金は、残代金支払いのときに売買代金の一部として充当する」と書かれるのが一般的です。

 

つまり手付金は売買代金の一部を先払いしているということになります。

 


手付金の意義


具体的には手付金には3つの意義があります。

 

1、証約手付 ・・・手付金の授受が売買契約の成立を表す

 

2、解約手付 ・・・契約書上で定められた期間までであれば、買主は手付金を放棄、売主は手付金を倍返し(預かった手付金+手付金の同額)することでそれ以上の責任を負わずに契約を解除することができる。

 

3、違約手付 ・・・契約違反があった場合に、買主の場合は、手付金が違約金に充当され更に差額を支払い、売主の場合は、手付金を返却して、違約金を支払う

 


手付金を支払うことで途中解除が簡単にできないように抑止している


不動産売買は契約締結日から物件引き渡しまでに住宅ローンの審査期間などがあり一般的には1カ月程度の期間がかかります。

この間に売主・買主のどちらかが、やむを得ない特段の理由もなく簡単に途中で契約を解除できないようにするために手付金は重要な意味を持っています。

 

マリッジブルーではないですが、特に買主が気持ちをぶれることが多いように思われます。しかし手付金を支払ったことで途中解除が簡単にできないように抑止している役割を持っています。

 


手付金は自己資金の持ち出しが必要


住宅ローンは、諸費用込みのフルローンすることも可能です。住宅ローンの審査が通るのであれば、初期費用0円でも不動産購入は可能です。

 

しかしこれには注意が必要です。

 

それは手付金は買主の自己資金で支払う必要があるということです。

 

住宅ローンの融資が実行されるのは物件引き渡し時の最後になり、融資実行前に行われる不動産売買契約では手付金は自己資金で支払う必要があります。

 

つまり貯金が0円では実際には契約はできません。少なくても手付金を支払うだけの費用があることが前提となります。

(フルローンの場合は、先に支払った手付金は融資実行時に戻ってきます。)

 


手付金の相場

 

手付金は売買代金の5%~20%の間と決まっており、この範囲内で売主・買主双方の同意で実際の金額が決まります。

 

売買代金の金額などによって手付の金額は異なりますが、私の今までの取引経験では、50万円~100万円程というケースが多いです。


売主が手付金0円でも良いと承諾すればもちろん契約は可能ですが、売主買主の双方が親族等のケースでない限り手付金0円ということは通常ありませんので、少なくても手付金を支払うことができるだけの費用を準備しておく必要はあります。

 

手付金は上記のような役割を持っていますので、ぜひご参考にして下さい。


以上です。

 


まとめ

 

手付金は売買代金の一部を先払いしていると考えて良い

 

手付金には「証約手付」「解約手付」「違約手付」の3つの意義がある

 

手付金を払うことで途中解除が簡単にできないように抑止している

 

手付金は自己資金の持ち出しが必要

 

手付金の相場は50万円~100万円程

 

以上です。

 

 

    

 

 

ふじみ野市、富士見市、三芳町、新座市、志木市、朝霞市、和光市の新築戸建て、中古戸建て、中古マンションの不動産売買はあらたーホームまで

https://arata-home.jp/

 

ページ先頭へ