ふじみ野市、富士見市、志木市、朝霞市の戸建て、マンションはあらたホームまで

会員登録

ログイン

ゲストさん

あらたホーム

営業時間10:00~19:00

定休日水曜日

メールでお問い合わせ

ブログ

リノベーションは何でもできるとは限らない

ふじみ野市、富士見市、三芳町、新座市、志木市、朝霞市、和光市の新築戸建て、中古戸建て、中古マンションの不動産売買仲介をしていますあらたーホームの新井です。

 

 

リノベーションは何でも希望通りにできると思っていませんか?

 

実はリノベーションには色々と制限があります。

特にマンションの場合は、共有部分や専有部分があり、また規約で定めれている仕様などもあるので、すべてが希望通りにできるとは限りません。

 

今回は、中古マンションのリノベーションについて書いていきます。

 


リノベーションできるのは専有部分のみ

 

マンションには、所有者本人の所有物である専有部分と、マンション住人の共有物である共有部分があります。

当然、リノベーションできるのは専有部分になります。

 

以外と知らない方も多いのは、外観部分の多くは共有部分のなるということです。

例えば、玄関ドア、窓ガラス、バルコニーなど外側から見える部分がこれに該当します。

これらの設備は専有使用権を得て借りて利用していうので、当然勝手に変更はできません。

※基本的には無料ですが、バルコニーなどは使用料がかかる場合があります。

 

外観部分は、マンション全体の資産価値にも影響を与えるので勝手に変更できないようになっています。

 


壊せる壁と壊せない壁がある

 

 

壁には壊せる壁と壊せない壁があります。

 

壊せる壁は、部屋と部屋の間を間仕切り用に造作された壁です。この壁は壊しても問題ありません。

壊せない壁とは、その壁が建物全体を支えている壁である場合です。

 

マンションの場合、柱と梁で建物を支える<ラーメン構造>壁自体で建物を支える<壁式構造>と大きく分けて2つの種類があり、どちらの構造かによっても壊せる壁と壊せない壁が異なります。

 

マンション全体の構造は竣工図を見ないと分かりません。

 

中古マンションの販売図面に記載されている間取り図では分かりませんし、その物件を仲介で販売している不動産会社の営業では決して分からないので注意が必要です。

 


中古マンションを購入してリノベーションを考えている場合は注意が必要

 

先に中古マンションを購入してから、リノベーションを考えている場合は注意が必要です。

 

3LDKの中古マンションを購入して、3LDKから2LDKに間取り変更して、リビング・ダイニングを広くしたいと思っても、この壁が建物全体を支えている壁で壊すことができないと購入後に判明したら大変ですよね。

 

そうならない為にも、リノベーション前提で中古マンションを購入しようと思っている場合は、購入前に工事をお願いする工事会社に現地を見てもらうことをお勧めします。

 

※壁だけでなくキッチンの位置を変えたい、トイレの位置を変えたいなどの水回りの変更は配管までの位置によって変更できない場合もあるのでこれらも注意が必要です。

 


まとめ

 

リノベーションは何でもできるとは限らない

 

リノベーションできるのは専有部分のみ

 

壊せない壁と壊せる壁がある

 

中古マンションを購入してリノベーションを考えている場合は、購入前にリフォーム工事会社に現地を見てもらった方が良い

 

以上です。

 

 

    

 

 

ふじみ野市、富士見市、三芳町、新座市、志木市、朝霞市、和光市の新築戸建て、中古戸建て、中古マンションの不動産売買はあらたーホームまで

https://arata-home.jp/

 

ページ先頭へ