ふじみ野市、富士見市、志木市、朝霞市の戸建て、マンションはあらたホームまで

会員登録

ログイン

ゲストさん

あらたホーム

営業時間10:00~19:00

定休日水曜日

メールでお問い合わせ

【仲介手数料最大無料】富士見市の不動産売買はあらたホームにお任せ下さい。

あらたホームをご利用頂くメリット

  • 新築戸建て、土地は最大で「仲介手数料無料」

  • 中古物件は最大で「仲介手数料20%引き」

  • AIによる評価付きで物件をご案内します。

富士見市の特徴

◆富士見市について

富士見市は富士山の見える市で、埼玉県の南東部、首都30キロメートル圏に位置します。市内には富士山の絶景スポットが数多くあります。東は荒川を隔ててさいたま市に、北は川越市・ふじみ野市に、西は三芳町に、南は志木市にそれぞれ接しています。昭和31年に鶴瀬村、水谷村、南畑村の山村が合併、昭和47410日に、富士見町が市制を施行し、富士見市が発足しました。江戸時代は新河岸川の舟運整備による物流の要所でした。

 

大正初期に開通した東武東上線が南北に貫通しており、みずほ台駅、鶴瀬駅、ふじみ野駅の3駅が設置されています。平成206月には、地下鉄副都心線と東武東上線の相互乗り入れが実現し、平成253月には、東武東上線と東急東横線、横浜高速みなとみらい線との相互直通運転(東京メトロ副都心線経由)が開始したことにより、池袋まで30分、渋谷まで45分、横浜まで70分、元町・中華街までは80分と、交通の利便性が向上しました。

 

昭和30年代以降は住宅都市基盤整備が進み、首都圏のベッドタウンに発展しマンションや戸建てが多くあり、良好な市街地が形成される一方、緑地や湧水、肥沃な田園地帯などの自然豊かな環境と、旧石器時代以降の重要な史跡に接することができる環境にあります。

 

◆富士見市の人口

人口は約111千人で平均年齢は約44歳です。昭和541979)年と比較すると、総人口は約3 3,000 人(約1.4 倍)増加しているのに対して、1世帯あたり人員は、1.1 人(約0.7 倍)減少しており、世帯の小規模化が進行しています。

 

◆駅周辺の特徴

みずほ台駅は東上線の駅で、各停・準急が停車します。駅周辺には交番があり、また夜中でも街灯が明るく、女性一人で歩いていても大丈夫なぐらい治安が良いです。

鶴瀬駅もみずほ台駅と同じく東上線の駅で、各停・準急が停車します。ここ数年でロータリーや道が新しくなり、明るくなったので、夜も安心です。鶴瀬駅西口で、土地区画整理事業が施行され新築戸建てやマンションも多く建設され、ますますきれいな街が作られています。

ふじみ野駅は、名前からするとふじみ野市にあると思われますが、実は富士見市にあります。快速や急行も停車します。西口側は、閑静な住宅街でファミリー向けの建物が多い反面、大学があるため単身向けの建物もあります。道幅が広いので歩きやすく、街灯があり夜道でも安心です。治安も良いです。銀行や歯医者、飲食店が多いテナントビルなど、生活に便利な施設が揃っています。東口側は、さらに緑が多く静かな雰囲気です。

 

◆町の雰囲気・情報

地域全体を美しく保って行く目的で、「富士見市をきれいにする条例」と呼ばれるルールがあり、その影響から町中は衛生的な状態が維持されています。

富士見市内には特色ある商店街が19もあり、地域の風情に触れ、会話を楽しみながら買い物ができます。また、市役所前に「ららぽーと富士見」が開業し、市内外から多くの方が訪れています。

どの駅も周辺にマンションが多く、スーパーや病院、飲食店も揃っているので、住むのに便利な町です。

富士見市は埼玉県で一番公園が多い市なので、あちこちに憩いの場として大小様々な公園を見ることができます。

 

◆土地・住宅で利用できる補助金

*住宅用省エネ設備導入支援事業補助金

自己が居住する既存戸建住宅または集合住宅(新築も可)へ設置する個人が対象。家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)、太陽熱利用システム(強制循環型)、地中熱利用システムの設置で20万円

 

*再生可能エネルギー電力活用住宅普及促進事業補助金

自己が居住する既存の戸建住宅(集合住宅を除く)への設置する個人が対象。1件あたり50,000

 

*富士見市住宅改修工事費補助金

市内在住で自己が所有する市内の住宅に、市内の施工業者を利用して住宅リフォーム工事を行う個人が対象。20万円(消費税を除く)以上の対象工事費(直接工事費)の総額5%以内の額(上限10万円

 

◆富士見市のおすすめスポット

*富士見ふるさと祭り

『産業祭』、『環境フェアー』、『市民まつり』の3つのお祭りをひとつに結集した『富士見ふるさと祭り』が、平成17年から始まり、毎年10月に開催されています。市民参加型のステージ出演や、市内特産品や農産物、商工業製品の展示及び販売などがあり、富士見の魅力を存分に感じられる祭りです。子どもから大人まで幅広い年齢層の方々に親しまれています。

 

*山崎公園

「せせらぎ菖蒲園」の愛称で世代を問わず多くの市民に親しまれています。

名前の通り、公園内には千平方メートルの菖蒲田があり、花の時期の6月上旬には、色とりどりに咲き始めます。江戸系、肥後系、伊勢系等の品種60種類、約5千株が植えられています。菖蒲に限らず、園内は花と緑を基調とし、春から秋にかけて様々な花が鮮やかに咲き誇ります。

滝から流れるせせらぎや貯水池で水遊びができます。

 

*コスモスの咲く散歩道(富士見・新河岸川サイクリングコース)

富士見市勝瀬の伊佐島橋から始まり、新河岸川に沿って志木市上宗岡の袋橋まで続く約4.5kmのサイクリングコースがあり、そのサイクリングコースに沿って、新河岸川の木染橋付近から上流へ1kmほど近くにコスモスの咲く散歩道もあります。9月下旬から10月中旬が見頃です。地元町会・寺下商店街と花好き有志のコスモス会の人々の手によって、種まきや除草作業などされています。

 

◆便利なツール

*ココシル☆ふじみ

富士見市地域活性化研究会が富士見市の地域活性化を目的として設立した観光アプリでは、市内の店舗、イベント情報、文化財、散策コースなどのスポットをカテゴリー別に掲載してあるので、目的に応じて気軽に探すことができます。

 

◆参考にした外部サイト

・埼玉県

 https://www.pref.saitama.lg.jp/

 

・富士見市

https://www.city.fujimi.saitama.jp/index.html

 

・公益社団法人全日本不動産協会 埼玉県本部

https://saitama.zennichi.or.jp/

 

 

富士見市は、子育てにも適したとても住みやすい街です。

 

富士見市で新築戸建て、中古戸建て、マンションの不動産売買をご検討の方は、仲介手数料最大無料のあらたホームにご相談下さい。

ページ先頭へ